頭痛やストレスに注意

頭痛やストレスは肩コリやあごの痛みと連動して、血流を悪くして顔面にも影響することが出てきます。以前より表情が変わった、むくんでいる、というようなことがあれば、頭痛やストレスを疑うべきです。顎関節症やPTSDのような精神疾患は頭痛やストレスを引き起こすことでも知られていますが、筋収縮性頭痛のような症状であれば、それによって顔がむくんでしまうこともあります。

 

飲み物と女性02
これらの治療には専門医による、カウンセリングや投薬が必要ですが、長い時間がかかることもあります。治療のためには、日々、顎の治療であれば、マッサージやあごに負担をかけない、精神的な治療では余計にストレスをため込まないように、意識して生活全般を改善できるようにしておくことで、負担を大幅に軽減することができます。何か余計に負担がかかる要素があるのであれば、できる限り顔がむくまないように配慮することで、かなり症状を軽減することができます。逆に意識していないと、これらの病状が進行してしまい、合わせてむくみの症状が発生して、頭痛やイライラ感などに悩まされることがあるので、気をつけてください。場合によっては心療内科や精神科での専門的な治療が必要になることもあるので早期治療が大切です。

コメントは受け付けていません。